金(GOLD)を担保としたステーブルコイン、Cardanoでローンチ予定

金(GOLD)を担保としたステーブルコイン、Cardanoでローンチ予定

金(GOLD)を担保としたステーブルコイン、Cardanoでローンチ予定

英国の金融新聞City A.M.が開催した暗号資産のサミットに、分散型金融(DeFi)流動性プロトコルのMELD社は、ユーザーが資産を貸し借りしたり、賭けたりすることができるカルダノ(Cardano:ADA)ベースのステーブルコインを発行する計画を明らかにした。To get more news about SBI証券, you can visit wikifx.com official website.
  MELD社の会長兼共同設立者であるケン・オーリング(Ken Olling)氏は、「金(GOLD)は金庫に保管されたが、トークン化により分数され、販売できるようになる」、「私たちの目標は、シンプルさとわかりやすさを追求すること。スマートフォンを持っている人なら誰でも取引できるようにしたい」と彼は明らかにした。
  MELD社は、ナイジェリア最大のモバイル通信サービスプロバイダーのTingo Holdingsと天然資源をトークン化する暗号資産会社のUbuntu Tribeと提携した。このパートナーシップによって貸出やステークなどカルダノのサービスを数百万人のアクティブユーザーが利用できるようになるため、カルダノの採用を大きく後押しした。
  一方、金(GOLD)を担保としたステーブルコインについて、2020年4月、テザー(Tether/USDT)社は、スイスの金庫に保管されている金(GOLD)によって担保されるテザーゴールド(Tether Gold:XAUT)を発行した。ニューヨークにあるパクソス(Paxos)社は、米国の規制当局の承認を得て、パックス・ゴールド(Pax Gold:PAXG)を2019年に発行した。
  2021年9月末に開催された「Cardano Summit 2021」で、カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、「ADAの決済ゲートウェイ・プラットフォームであるCOTがステーブルコインDjedの公式発行元となる」ことを発表した。Djedの特徴は、価格上限・下限の維持、市場暴落時の堅牢な設計、債務超過にならないことである。
  一連のエコシステムの動向を受けて、ADAの保有者数は、過去最高(ATH)を記録した。暗号通貨の分析プラットフォームのIntoTheBlockのデータにより、Cardanoのネイティブトークンの保有者数は243,000人、ADAを保有するウォレットアドレスの70%が利益を記録していることが明らかになっている。
  カルダノがリリースされて以来、様々な企業と提携を結んでおりシェアを拡大している。


freeamfva

482 Blogs posts

Comments